皮膚科、形成外科、美容皮膚科、
内科、消化器内科、小児科

ブログ BLOG

~意外と知らない粉瘤~

こんにちは。
今日は粉瘤について少しお話したいと思います。
皆さん意外と知らないのが粉瘤というできものです。そして多分体のどこかに1つぐらいは皆さんあるはずの粉瘤です。
粉瘤はアテロームとも言いますが、できものの一種になります。
この粉瘤というものは誰にでも、そして毛穴のある場所であればどこにでも
できるというものです。どうやってできるの?原因は?
原因はよくわかっていませんが、毛穴から皮脂や角質が埋入し袋を作って少しずつ
大きくなっていくものが粉瘤(アテローム)といいます。
放置していても特に症状はありませんが、
少しずつ大きくなっていくし、いつか感染を起こしてしまう可能性があります。
大きくなってから取るとなった場合は傷口が大きくなり、手術の時に使う
麻酔の量が増えるため、麻酔の注射がさらに痛いです!!!
そして粉瘤が感染を起こしちゃったら、さらに腫れ上がり赤くなり、とにかくすごく痛いです。処置も大変です。
処置のため治るまで頻繁に通院が必要です。感染が落ち着いて傷が治ったあとも手術で粉瘤の袋をとったわけではないので
再発のリスクがあります。なので感染後に手術というダブルの大変さ。。。
なので粉瘤とはわからなくても、できものが体のどこかにあるなと気づいたら、早めの受診をおススメします。
あとやっぱりできやすい場所といえば顏と背中です。でも背中は特に自分では見えないのでわかりにくいです。
なので大きくなりがちですが、お風呂から上がった後にちょっと触ってみて膨らみがあったら粉瘤かも?と思ってください。
思ったら受診を!

診察時に粉瘤とわかったら、手術の予定を立てて手術についての説明などをします。わからないことがあったら、
この時に遠慮なくなんでも聞いてください。
手術自体は20分~30分で終わり、手術後1週間で抜糸したらそれで終わりです。手術当日から
シャワー、洗顔などはしても大丈夫です。運動、入浴、飲酒だけは手術の当日は避けてください。
粉瘤は結構簡便な手術処置で済むので、あまり怖がらずに受診していただけると嬉しいです。