ブログ BLOG

しみ、炎症後色素沈着について

皆さん、こんにちは。今日はしみや炎症後色素沈着について少しお話をさせていただきます。
炎症後色素沈着は炎症が起きた後に炎症の赤みから徐々にしみみたいに茶色くなっていくものです。
例を挙げるとレーザー照射後、日焼け、やけど、皮膚炎などの後に徐々に色が濃くなっていくものを皆さんも見たことはあるかと思います。
そして今日はシミ治療としてレーザー照射した後の経過を炎症後色素沈着になることも含めお話をさせていただきたいと思います。
当院ではしみ治療としてQスイッチルビーレーザー、Qスイッチヤグレーザー、ジェントルマックスプロレーザーを使用しております。
Qスイッチヤグレーザーは肝斑やくすみ、ジェントルマックスプロレーザーはそばかすや細かいシミ、そして境界がくっきりしている丸いしみに対しては
Qスイッチルビーレーザーを使用しております。
Qスイッチヤグレーザー、ジェントルマックスプロレーザーを照射した後はダウンタイムがありません。その日からお化粧、洗顔、運動が可能です。
丸いくっきりした濃いシミに対してQスイッチルビーレーザーを当てる時はダウンタイムが10日~2週間程度あります。レーザー照射後はやけどになりますので
照射部位がぐちゅぐちゅしていますが、数日かけて徐々にかさぶたになっていきます。かさぶたは10日前後で剥がれますが、なるべくは剝がれないように
大事にとっておくことをお勧めします。かさぶたが剥がれたら照射部位がピンク、赤色になってそれが徐々に馴染んでいきシミが無くなります。ですが、ここからが少し大変です。
かさぶたが取れた後しみが無くなったように感じますが、そこからまた徐々にその部分が茶色くなり、しみが再発する場合があります。これが例の炎症後色素沈着というものであり、
正確にはしみではありません。
炎症後色素沈着は日本人の1/3~半分程度の割合でレーザー照射後に出現します。出ないためには日焼け予防、保湿などの管理が必要ですが、気を付けていても
出てしまうときは出てしまいます。ですが、炎症後色素沈着が出てしまった場合でも内服や外用を併用することによって消えやすくなります。
当院でもハイドロキノンクリーム、トラネキサム酸、シナールの内服を行うことによって炎症後色素沈着が消えやすいため、ご購入していただき綺麗にシミ、
炎症後色素沈着が消えている患者さんがほとんどです。せっかく高いお金を払ってシミを消すためにレーザーを照射しても炎症後色素沈着をそのまま放置していたら、
消えるものも消えないので、すごいもったいないなと思っております。レーザー自体は少々お値段しますが、ハイドロキノンクリーム、トラネキサム酸、シナールは
お求めしやすい価格になっているため、きれいにシミを消すためには購入していただくことをお勧めします!!!
レーザー照射後にかさぶたが剥がれてそのまま綺麗にシミが取れたらそれはそれで終わりでよくて内服、外用はしていただかなくても大丈夫です。
最後にまたレーザーを照射したら終わりではなく一度経過を見せるために受診することをお勧めします!!!そして炎症後色素沈着が出現したらハイドロキノンクリーム、
トラネキサム酸、シナールを服用してください。よろしくお願いいたします。