ブログ BLOG

メディカルダイエットを始めました

当院で今大人気のメディカルダイエットGLP-1阻害薬の内服薬、注射薬を始めました。今日はそのお薬についてのお話をさせていただきます。GLP-1阻害薬は欧米では肥満治療薬として承認されています。そして日本では糖尿病治療薬として保険適用で処方可能な薬剤ですが、現在は肥満治療薬としては承認されていないため、自費薬として医療機関のみで処方可能となっております。

GLP-1とは何か。。。GLP-1とは体内に存在するホルモンで食事刺激に反応して小腸から分泌されます。食欲を抑制する働きがあり、すい臓からのインスリン分泌を助ける働きもあるため、糖尿病治療薬そして肥満治療薬として用いられています。

GLP-1を用いたダイエットの特徴:
・成功しやすい
ダイエットは正しい食事管理が最も重要であり、食事制限をすることで成功しやすいですが、なかなか食事制限をすることは難しいですよね。そこでもっとも重要な食事管理を強力にサポートしてくれるのがGLP-1阻害薬です。食欲抑制作用があるため1回の食事で食べ過ぎない、間食をしないことが可能になります。そのためそこまで厳しい食事管理、運動などをしなくても自然に減量効果が見られて、成功しやすいのがGLP-1阻害薬を用いたダイエットの特徴といえます。
・継続しやすい
厳し食事管理や運動などはストレスと感じやすく、継続することが困難ですが、GLP-1阻害薬を服用すると自然に食欲が抑えられるためストレスを感じにくく継続しやすいといえます。

GLP-1阻害薬には注射薬、内服薬があります。注射薬には毎日注射するビクトーザ(同一成分薬剤がサクセンダ)、週1回注射するオゼンピック、内服薬のリベルサスがあります。当院ではオゼンピックとリベルサスのみの取り扱いがございます。注射薬は自己注射となりますので、初診時に注射の指導をさせていただき、ご希望の本数を処方させていただいております。内服薬については内服薬の方法について指導をさせていただきます。

オゼンピックの特徴:
・毎日注射より打ち忘れが少なく、注射にさく時間を省くことができます。毎日痛い思いをする必要もないです。
・食欲抑制の持続効果時間が長いため、副作用の時間も少し長く感じられやすいです。
・ビクトーザ(サクセンダ)より効果が強くコスパが良いため、投与量が多い方にオススメです。
・用法・用量
注射は腹部、大腿、上腕のいずれかの箇所に行います。注射部位は毎回変更し、前回の部位より2,3cm離して打ちます。
まずは00.25mgから開始し、4週間継続します。食欲が抑制されていれば、この用量で維持します。抑制されていなければ、0.5mg、1mgへと増量していきます。
・副作用
治療初期に胃部不快感・胃が張っている感じ・頭痛・便秘・下痢などの消化器症状
治療部位に内出血
治療部位に赤み・腫れ・かゆみ

リベルサスの特徴:
・注射薬ではないので、痛みはなく、継続しやすいです。
・用法・用量
リベルサスは胃で吸収されるお薬なので、食事・飲水をする前に内服する必要があります。
内服後は最低30分は食事・飲水をしないように注意が必要です。
可能であれば2時間程度開けるのが理想です。
リベルサスは不安定の薬なので胃の中に食事や余分な水分があると有効成分の吸収が減ってしまいます。
まずは3mgから開始し4週間継続します。食欲が抑制されなければ7mgに増量し、この時点で食欲が抑制されれば維持します。それでも止まらなければ14mgに増量します。
・副作用
治療初期に胃部不快感・胃が張っている感じ・頭痛・便秘・下痢などの消化器症状

しかしGLP-1ダイエットが海外や国内で高い成功率が注目されている一方間違ったネット広告や情報も散乱していますので注意してください。そして使用方法についても正しく使うことが重要であるため、初診時には必ず説明、指導の方をさせていただきます。

当院では以下の料金で処方させていただいております。
オゼンピック0.25mg 1本6600円 0.5mg9900円 1mg16500円 4本以上購入の場合5%引き、8本以上で10%引きとなります。
リベルサス30錠で3mg13000円 7mg26000円 14mg42000円です。 すべて税込み価格です。

私も個人的にオゼンピック、リベルサス3mgと7mgを服用しました。服用後やはり1か月程度で2kg減量することができました。無理な食事管理もせずに減量することができて、画期的なダイエット法だなと実感することができました。一度ご興味のある方は是非当院へカウンセリングにだけでもお越しください。お待ちしております。