ブログ BLOG

治療方法

タッキング法

まぶたの裏側の筋肉を糸で縫い合わせる施術です。
腱膜組織を切ることがないので、術後の腫れを抑えることができます。

挙筋前転法

上まぶたを切開して、まぶたが上がるように筋肉をとめて縫合を行う手術です。
術後は腫れがおさまるまでに少し時間がかかります。

眉毛下切開法

上まぶたのたるみを改善する手術です。
眉毛の下の皮膚を取り除くことで上まぶたのたるみが改善されます。