ブログ BLOG

眼瞼下垂症の原因

先天性(生まれつきのもの)

生まれつきまぶたを持ち上げる筋肉が未発達なことが原因で起こり、片眼のみに症状が現れることが多くあります。瞳が隠れるほど重度な場合は、視力の発達に悪影響を及ぼすこともある為、早めの手術をお勧めします。

後天性(歳をとり自然に発症)

神経の麻痺や筋力の低下、まぶたをこすりすぎてしまったり、老化でまぶたを持ち上げる筋力が緩んでしまうことが原因で引き起ります。
また、コンタクトレンズの仕様が原因で引き起ることもあります。